ガラスフィルムの劣化ってどうなるの?

横浜の窓ガラスフィルム施工 TKサービスカンパニーです。

フィルム劣化ってどうなるの?

ガラスフィルムの耐久件数は約10年を目安に貼り替えを推奨しております。

透明タイプのフィルムの劣化とは・・・

下記の写真の窓ガラスには透明タイプの飛散防止フィルムが貼られております。約十数年経過し薄く白乳色に変化しております(透明タイプの劣化目安)。

目隠しタイプのフィルムの劣化とは・・・

下記の写真の窓ガラスには目隠しフィルムが貼られております。約十数年経過し気泡が現れております(目隠しタイプの劣化目安)。

フィルム劣化すると、フィルムの機能が落ちます。写真のフィルムは透明タイプや目隠しタイプのフィルムですが、飛散防止機能が付いております。その飛散防止機能がフィルム劣化により機能がしなくなります。

近年、異常気象が原因なのか、各地で自然災害による被害が発生しております。貼り換え目安は約10年です。長期間貼られている場合は早目の張り替えをご検討してみてはいかかでしょうか。

ご質問・ご相談はこちらまで、お気軽にどうぞ!

友だち追加

LINEから簡単お見積りができます。お気軽にどうぞ!

090-8848-7797(担当直通)

お問い合わせフォーム

コメントを残す